伯楽倶楽部ロゴ

 伯楽倶楽部について  目指すもの/運営会社 


近い将来を見通した人材採用を応援します。

厚生労働省の将来推計(2012年5月時点)によれば、2030年の労働力人口(15歳以上の働く意志と能力をもつ人口 / 就業者+完全失業者)は、少子化と高齢化に伴い、現在の6,534万人より、約1,000万人減少すると言われています。経済活力、社会活力を維持していくには、働く仕組みを変革し、労働力率(生産年齢人口に占める労働力人口の比率 日本の2010年国勢調査では、61.3%)を高めていく必要があると指摘されています。

特に茨城県の場合は、少子化、高齢化の状況が深刻だと指摘されています。求職者は、栃木県や群馬県に比べて10万人くらい多いのに対し、求人数は数万人少ない。茨城に住んでいて、栃木や群馬、埼玉、千葉、東京と広範囲に通勤できる労働力供給県、求職超過型という地域の特徴があると言います。また、他府県の都市部で定年を迎えた方が、住みやすい町、生まれ育った地元・茨城に帰ってくることで、高齢化に一層拍車をかけることが背景にあると言われています。

このようなことを踏まえ「伯楽倶楽部」では、次の6つの募集区分の求人情報を、1つの就職ナビに統合して掲載する「総合求人・求職サイト」の運営を目指します。
1)障害者の就職と雇用
2)中高年の就職と雇用
3)女性の就職と雇用
4)若年者の就職と雇用
5)高校生の就職と雇用
6)大学等の就職と雇用

このことによって、求職者の皆様には、募集対象が明確になり、マッチング確率の高い求人情報の検索と閲覧が可能となります。
求人事業所の皆様には、募集対象に合わせて募集区分が選択できる、とともに統一された操作システムでワンストップ・リクルーティングが可能となります。

[もっと知る]資料では、①茨城県の人口、労働力人口など(2010年 国勢調査より) ②講演要旨(2008年12月号 雇用開発協会ニュース 茨城労働局より)を紹介しています。
*.pdf 775kb [もっと知る
ページトップへ


地域のネットワークと連携した運営を目指します。

「伯楽倶楽部」は、次のサイト運営を目指します。

1)特別支援学校生の採用においては、「求人活動のルール」及び「申し合わせ」事項を遵守するとともに、特別支援学校の進路指導の先生との相談・連携が不可欠です。
特別支援学校生を採用する求人事業所の担当者が、特別支援学校の進路指導の先生と伯楽倶楽部を介して相談・連携ができるように、伯楽倶楽部内に特別支援学校を登録・管理できるようにしました。
同様に、求人事業所の担当者が、障害福祉施設(機関)の就労ご担当者と相談・連携ができるように、伯楽倶楽部内に障害福祉施設(機関)も登録・管理できるようにしました。このように特別支援学校や障害福祉施設(機関)など、地域の様々な学校や施設(機関)等と求人事業所の担当者が伯楽倶楽部を介してネットワークをつくることで、地域における障害者の雇用促進に貢献したいと考えています。

2)高校生の採用においては、「求人活動のルール」及び「申し合わせ」事項を遵守するとともに、高等学校の進路指導の先生との相談・連携が不可欠です。
高校生を採用する求人事業所の担当者が、高等学校の進路指導の先生と伯楽倶楽部を介して相談・連携ができるように、伯楽倶楽部内に高等学校を登録・管理できるようにしました。
高等学校など、地域の教育機関と求人事業所の担当者が伯楽倶楽部を介してネットワークをつくることで、地域における高校生の雇用促進に貢献したいと考えています。

[もっと知る]資料では、特別支援学校や障害福祉施設(機関)、高等学校などと相談・連携ができるネットワークイメージを図解しています。
*.pdf 2,993kb [もっと知る
ページトップへ


障害者の就職と採用を就職ナビで応援します。

障害者の雇用は、「障害者の雇用の促進等に関する法律」において定められています。
一般の民間企業(50人以上規模の企業)の場合、2.0%以上の割合をもって、身体障害者、知的障害者、精神障害者を雇用しなければならないことになっています。

茨城県内の一般民間企業の実雇用率は、[1.66%(2013/6/1現在)]で、全国平均[1.76(同)]に及ばず全国ワースト3であり、法定雇用率を達成していません。
法定雇用率を達成している茨城県内の一般の民間企業数は、641社であり、率にして47.4%(企業数:1,351社に対する割合)となっています。(2013/6/1現在)

就業中の障害者は、①身体障害者:3,927人 ②知的障害者:2,688人 ③精神障害者:1,025人 ④その他:33人(発達障害、他) となっています。(2014/6/末 茨城労働局調べ)

「障害者の雇用の促進等に関する法律」の改正に伴い、障害者雇用率の引き上げ、精神障害者の雇用義務化が施行(2013/4/1から)されました。 また、雇用する労働者の数が常時101人以上である事業主に雇用納付金・調整金制度が適用(2015/4/1から)されます。
このように事業主の皆様には、障害者の雇用を通して、障害のある人もない人も、互いに支え合い、地域で生き生きと明るく豊かに暮らしていける社会の実現に向け、一層の取組みが求められます。伯楽倶楽部では、地域における障害者の雇用において、特別支援学校生向け求人情報、一般中途・大学等向けの求人情報を発信することで、雇用促進に貢献したいと考えています。

[もっと知る]資料では、全国における障害者数や雇用状況(厚生労働省より)や茨城県における障害者数や雇用状況などを紹介しています。
*.pdf 1,671kb [もっと知る
ページトップへ


中高年の就職と採用を就職ナビで応援します。

茨城県は、栃木や群馬、埼玉、千葉、東京と広範囲に通勤できる労働力供給県、求職超過型という地域の特徴があること、また、他府県の都市部で定年を迎えた方が、住みやすい町、生まれ育った地元・茨城に帰ってくることで、高齢化に一層拍車がかかるるという地域の特徴があると言われていることは、前述のとおりです。

こうした中で、①消費税増税 ②年金支給開始年齢の引き上 ③税と社会保障の一体改革に向けた行政の取組みなど、将来社会への不安な課題が多くあります。また、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」に基づき、希望者全員が65歳以上まで働ける社会の実現に向けた各種措置が行われていますが、不安の解消には十分な対策がなされていないと指摘されています。

将来社会に不安を抱くのは、「高年齢者」だけでなく、「中高年」も同様という指摘もあります。リクルート ワークス研究所「2020年の「働く」を展望する 成熟期のパラダイムシフト」(2011年11月発表)によれば、2020年の失業率で最も高いのは、「45歳~54歳」の中高年齢層であり「8,6%」と試算しています。
理由は、労働力人口に占める「45歳~54歳」の中高年齢層比率が高まり、その価値が薄れ、企業も年齢にふさわしい処遇を提供できなくなる結果、労働市場に流出する人が増えてくる、としています。
逆に、「15歳~34歳」の若年齢層は、労働力人口に占める年齢区分比率が低下し、その価値が高まり、企業も社員の年齢構成の歪みを生じさせないよう、一定数の若年齢層の人材を確保する動きに出る結果、労働市場から吸収され若年齢層の失業率は低下してくる、としています。

2020年時点における「45歳~54歳」「55歳~64歳」「65歳以上~」の中高年には、このような就労・就職環境が予想されます。
また、求人事業所は労働者の募集及び採用において、年齢に関わりなく均等な機会を与えなければならないこととされ、年齢制限の禁止が義務化されました。これに伴い、中高年の求職者の就職活動は、本来の狙いに反し、厳しくなったと指摘されています。公開されている求人票のそのほとんどが「年齢制限無し」表示されているものの、求人事業所に応募や問合せをして、初めてその真意を知ることになるケースが多いという現実があるからです。

政府も「雇用・人材戦略」において、平成32年(2020年)までの政策目標を「60歳~64歳までの就業率:63%」(2013年時点の就業率:58.9% 総務省調べ)とし、就労阻害要因となっている制度・慣行の是正、など就労環境の整備等に積極的に取組む方針を打ち出しています。

伯楽倶楽部では、「年齢にとらわれない人物本位、能力本位の募集・採用を!」という本来の目的が実現できるよう、法律を遵守し、適切な求人情報の掲載に取組むことで、地域における中高年の雇用促進に貢献したいと考えています。

[もっと知る]資料では、中高年齢者の雇用を取巻く茨城県における状況や環境を各種データを交えて紹介しています。
*.pdf 1,045kb [もっと知る
ページトップへ


女性の就職と採用を就職ナビで応援します。

女性の就業は、正規社員(職員)、嘱託社員、契約社員、臨時社員、派遣社員、準社員、パートタイマー、アルバイトなど、雇用の実態は多様化しています。
また、女性の就業は、結婚、出産、育児、介護など、家族の状況の変化に大きく影響を受けるのも事実です。そうした意味からも、性別により差別されることなく、かつ、母性を尊重されつつ、職業生活と家庭生活との両立に向けて、その能力を十分発揮するすることができる雇用環境が求められる、と指摘されています。

こうした観点から、(改正)男女雇用機会均等法、パートタイム労働法、育児・介護休業法など、法的にも雇用環境の整備が進められています。このような現状を踏まえ、求職者も、求人事業所も、自分に合った働き方、自社の職場に求められる人材と働き方、を双方が情報として発信し、探し合うことで、互いに満足できる就職と雇用を実現していくことが求められます。
伯楽倶楽部では、性別により差別されることなく、その能力を十分発揮できる、自分に合った働き方を追求できるよう、法律を遵守し、適切な求人情報の掲載に取組むことで、地域における女性の雇用促進に貢献したいと考えています。

[もっと知る]資料では、女性の雇用を取巻く茨城県における状況や環境を各種データを交えて紹介しています。
*.pdf 358kb [もっと知る
ページトップへ


若年者の就職と採用を就職ナビで応援します。

若年者を取巻く雇用環境は、厳しい状況にあります。
1)高い失業率 2)高い非正規社員(職員)比率 3)多いフリーター数 4)多いニート数など、少子化や高齢化によって生じる問題に一層の拍車をかけると指摘されています。このような状況を踏まえ、若年者を将来の中間層に育てていくことで、職場事業所における「技術技能の伝承」、「年金や保険の制度」「地域の雇用と経済」等を維持していくことが求められています。

政府も「雇用戦略対話」や「日本再生戦略」などを通して、「自ら職業人生を切り拓ける骨太な若者、骨太な中間層の育成に向けて社会全体で支援する」政策を進めています。
具体的には、「貧困の連鎖の防止」に向けた機会均等・キャリアアップ教育の充実、「雇用のミスマッチ解消」に向けた学校やハローワーク、中小企業と連携した支援、「若者が働き続けられる職場環境」の実現に向けたキャリア・アップ支援など、労働界や産業界・教育界・有識者などの専門家で議論されています。

伯楽倶楽部では、若年者が一人ひとりの状況に応じて、自ら職業人生を切り拓いていくことができるよう、法律を遵守し、適切な求人情報の掲載に取組むことで、地域における若年者の雇用促進に貢献したいと考えています。

[もっと知る]資料では、若年者の雇用を取巻く茨城県における状況や環境を各種データを交えて紹介しています。
*.pdf 1,068kb [もっと知る
ページトップへ


高校生の就職と採用を就職ナビで応援します。

高校生の採用において、「求人活動のルール」及び「申し合わせ」事項を遵守するとともに、高等学校の進路指導の先生との相談・連携が不可欠という点については、特別支援学校生と同じであり前述の通りです。
上記「申し合わせ」文書において、「第4 文書募集の取扱いについて」の項で、次のように定められています。

・・・省略・・・
1)安定所へ求人申込みを行った求人であること。
2)求人管轄安定所名、求人受付番号を記載すること。
3)求人票記載内容と異なる内容のものでないこと。
4)応募の受付は、学校又は安定所を通じて行うこと。
・・・省略・・・

この項で規定される「文書募集開始期日」や「推薦開始期日」「選考開始期日」は、産業界や教育界、行政など関係者が参加して開催される就職問題の協議で決定され、各管轄のハローワークで毎年5月~6月に開催される「求人受理説明会」で配布される「求人から採用まで」の冊子等を通じて周知されることになります。
伯楽倶楽部では、このような「求人活動のルール」及び「申し合わせ」事項を含め、法律を遵守し、適切な求人情報の掲載に取組むことで、地域における高校生の雇用促進に貢献したいと考えています。尚、就職に関する「申し合わせ」事項は、次の「茨城労働局ホームページ」に掲載されています。ご確認ください。
http://ibaraki-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/library/ibaraki-roudoukyoku/antei/press/h2703_moushiawase.pdf

[もっと知る]資料では、高校生の採用を取巻く茨城県における状況や環境について紹介しています。
*.pdf 522kb [もっと知る
ページトップへ


大学等の就職と採用を就職ナビで応援します。

大学等の新規学卒者の採用は、1997年に「就職協定」(1952年、企業側と学校側が自主的に結んでいた協定)が廃止され、現在は「新規学卒者の採用選考に関する企業の倫理憲章」(日本経済団体連合会(以下、経団連)が発表し、新卒者の採用を行うすべての企業に遵守を求めているもの)が事実上のルールとなっており、就職情報会社の各種就職ナビの運用開始時期もこの憲章に沿って決められています。

大学等の新規学卒者の就職を取巻く状況には、様々な問題があります。
①大企業志向(有名企業、ブランド企業志向)
→ 1000人以上企業の求人倍率は低く(志望者が多く)、1000人未満企業の求人倍率は高い(志望者が少ない)。
  「就職ではなく就社」と言われる程に大企業やブランド企業に学生の人気が集中するため、地方や中堅・中小の優良企業に学生の目が届きにくいという問題。
②一部業種業界に人気が集中
→ 金融業やサービス・情報業は求人倍率が低く(求人数が少ない割りに志望者が多く)、流通業等の求人倍率は高い(求人数が多い割りに志望者が少ない)。
  地方の中堅流通・小売業は、いつも人材不足の様相を呈しており、新規学卒の定期・一括採用と中途採用を併用して人材確保に努めている企業が多い。
③新卒無業者の割合
→ 大学等の新規学卒者の求人倍率は、2000年3月卒の0.99倍を除いて、就職氷河期(一般に1993年3月卒~2005年3月卒)においても1倍以上を確保しているにも拘らず、新卒無業者が依然として高く(2012年3月卒:8.7万人、2013年3月卒:7.6万人)、更に就職者の3人に1人の割合で3年以内に離職し、若年者の就業率の低下、雇用される能力の低下が指摘されています。

学生側の大企業志向は幾分改善の動きが見られる、との報道があるものの、地元企業に対する理解の度合いはまだまだ弱いと言わざるを得ない状況です。思い込みに頼らない業界理解、企業理解、仕事理解に取組み、業界や企業のほんとうの姿を見つめることが大切です。大学卒業後、茨城県に戻らない理由として、「茨城県には企業が少ない」「就職先としての企業が他県に比べて少ない」等が上げられています。しかし実際には、法人としての事業所数は、約7万事業所があり、全体では約13万事業所があります。首都圏に近く、通勤にも便利な地域であるが故に、長い期間「労働力供給県」を担ってきたことによる誤解が背景にあると言えるかも知れません。茨城県には、人材を採用する事業所数も多く、優良企業も数多く存在します。学生には、是非、自分に合った地元の優良事業所を発見して欲しいと願っています。と同時に、採用する側の企業においても、学校名などの思い込みに頼らない人物本位の採用活動に取組んでいただきたいと願っています。

伯楽倶楽部では、このようなルールや状況を踏まえ、法律を遵守し、適切な求人情報の掲載に取組むことで、地域における大学等の雇用促進に貢献したいと考えています。

[もっと知る]資料では、茨城県の事業所数や従業者数など、産業情報をまとめた「経済センサス」(基礎調査 2009年)をはじめ、大学等卒業者の採用を取巻く状況や環境に関する各種調査情報を紹介しています。
*.pdf 687kb [もっと知る
ページトップへ


「伯楽倶楽部」の運営会社

商 号
株式会社ギブハウス
所在地
茨城県笠間市鯉淵6678 レジデンスひたち野502(〒309-1703)
代表者
代表取締役 海藤 美好
事業内容
1)人材の採用支援
 └ 採用業務の計画立案から実務運営支援・実務代行などの業務
2)社員の研修支援
 └ 内定者や新入社員、監督職級者向け研修の企画立案から実施運営などの業務
3)組織の管理支援
 └ 社員意識調査、職場開発診断など各種管理診断の立案・実施・報告、評価制度及び賃金制度の構築支援などの業務
上記、採用や研修、評価・賃金等に関する業務の企画立案、運営支援、実務代行など
ページトップへ



沿革 

1992年
株式会社ギブハウス設立
新規学卒採用支援事業を開始
1995年
教育研修支援事業を開始
(新入社員研修、内定者研修の企画運営)
1995年
組織管理支援事業を開始
(賃金制度、人事評価制度の構築支援)
2000年 「就職情報サイト」の管理・運営の代行業務を開始
(各就職情報会社が運営する「新卒向け就職情報ナビ」及び「中途採用向け就職情報ナビ」の管理・運営の代行業務)
*代行業務の受託に当り、個人情報の取扱いを含む「採用支援業務の委託に関する契約書」を取交わした上で実施します。
2006年 「就職と採用の総合情報サイト(仮称:伯楽倶楽部)」について、開発に向けた調査・検討を開始
上記サイトの運営を事業計画とする「経営革新計画」承認(中企第 310号)
2009年
「就職と採用の総合情報サイト(仮称:伯楽倶楽部)」の開発に着手
2015年 「就職と採用の総合情報サイト(サイト名:伯楽倶楽部)」をリリース、運営を開始



高校生の就職をサポートする総合求人・求職サイト


茨城県で正社員になりたいとお考えの高校生は、伯楽倶楽部をご利用ください。伯楽倶楽部は、高校生以外に大学生・女性・若年者・中高年・障害者の6つの募集区分を1つの就職ナビに統合して掲載する総合求人・求職サイトです。
募集対象が明確なため、マッチング確立の高い求人情報の検索と閲覧が可能になります。仕事内容や給料などの詳細の確認、インターンシップ情報の閲覧など便利で使い易い機能を提供していますので、お気軽にご登録ください。

ページトップへ


 
Copyright hakuraku-club